帰化申請に必要な書類

 帰化許可申請で作成する書類

 帰化許可申請書

申請する人の国籍・住所・氏名・生年月日・両親の氏名等を記述し、写真を貼り付けます。

 親族の概要書

同居する親族及び親兄弟について在日、在外に分けて、それぞれの間柄、氏名、年齢、職業、住所、交際の有無、帰化の意思、申請者の帰化に対する意見を記述します。(死亡者も含む)

 履歴書

申請者の学歴・職歴を間をあけることなく記載します。

出入国した履歴と資格等についても記載します。

 生計の概要書

世帯ごとに提出月の前の月の月収/支出、その時点の負債/不動産/預貯金/株券/社債/高価な動産について記述します。

 自宅・勤務・事務所付近の略図

帰化の動機書

帰化をしようとする、動機・理由を原則として本人が自筆により記入します。また日本語で書くことになります。

宣誓書

申請書を提出する際、担当官の前で、署名・押印して提出します。

官公庁から取り寄せる書類書類

本国法により行為能力者であることを証明する書類

国により異なります。また国によれば該当する書類がない場合もありますので相談時に必要書類を説明します。

国籍を証する書面

国籍証明書/戸籍謄本/出生証明書にあたりますが国により異なります。

身分関係を証する書面

出生証明書/親族関係証明書/婚姻証明書/死亡証明書/戸籍証明書など国により異なります。

以上は本国の資料ですいずれも本国書類の翻訳文が必要になります。

※国籍により必要となる書類は異なります。

以下日本国内の書類

出生届書

婚姻届書

離婚届書

死亡届書

日本の戸(除)籍謄本(例:日本人配偶者のもの)

住民票・閉鎖外国人登録原票

住民票(世帯全員・同居者含む)

閉鎖外国人登録原票

 在勤及び給与証明書、最終学校の卒業証明書、中退証明書、在学証明書

納税証明書

源泉徴収票

都道府県・市区町村民税納税証明書

課税(非課税)証明書

その他

出入国履歴

運転記録証明書

賃貸借契約書(賃貸の場合)

土地・建物登記事項証明書(所有の場合)