風俗営業許可申請

早く・正確に・安く

キャバクラ・クラブ等の風俗営業を始めたい方へ

深夜にお酒を提供する営業をされる方

無許可営業は絶対NGです。早急に許可申請を行いましょう。

熊本県の風営法関連は合志総合行政書士事務所にお任せください。「早く」「正確に」「安く」遂行します。

風俗営業許可申請

キャバクラやクラブなど「風俗営業」を行うためには、公安委員会の許可を受けなければなりません。許可申請を怠ったり申請の内容と異なる営業を行うと重い罰則が科されます。

飲食を提供するので、公安委員会への許可申請や届出の前提として保健所より飲食店営業許可を取得する必要があります。

風俗営業許可を得るためには次の3つの要件を全てクリアーしなければなりません。

  • 場所的要件 
    • 「営業所可能地域」であること。
    • 「保護対象施設」が近隣にないこと。
  • 構造的要件
      店舗が営業の種類ごとに定めらる「構造的要件」を満たすこと。
  • 人的要件
     「人的欠格要件」に該当しないこと。 

具体的事項は熊本県では、熊本県の条例と公安委員会の規則にさだめられた各要件を満たす必要があります。

申請に必要な書類はこれらの要件を客観的に証明できる資料を収集・作成することになります。作成する資料は精度も求められます。

これらの書類を迅速・正確に作成するにはある程度のなれが必要です。熊本県の条例の知識はもちろんですが管轄警察署の取扱についても知らないと無駄な仕事が増えることになり許可をなかなかもらえないことになります。

風俗営業をご検討されている方は、ご予約の連絡をいれていただければ、最初の相談は無料で承ります。

096-223-8515

メールはこちらへ

最初の相談では店舗の場所や店舗状況、オーナ様や管理者様についてお伺いし調査の上受任の有無を改めて連絡させていただきます。

風俗営業許可申請の種類

次の営業を行う場合風俗営業許可申請または届出が必要です。

風営法上の分類

例・補足 許可・届出 接待 飲食
第1号営業(社交飲食店・料理店) キャバクラ、ホストクラブ 許可
第2号営業(低照度飲食店) 照度を10ルクス以下で営業する喫茶店等
第3号営業(区画席飲食店) 他から見とうせない5平方メートル以下の客席を設けて営業する喫茶店等
第4号営業(麻雀店、パチンコ店) 任意
第5号営業(ゲームセンター等) 任意
特定遊興飲食店営業 クラブ、ディスコ、ライブハウス
深夜における酒類提供飲食営業 バー、スナック、ガールズバー 届出

風俗許可申請の流れ

風俗許可申請

打合せ・ご相談
保全対象施設の調査
受任のご連絡
営業所の改装等
営業所内の計測
飲食店許可申請
保健所による現地調査
飲食店営業許可書発行
風俗営業許可申請書提出(審査)
実査
許可取得
営業開始